▲観光案内所トップページへ  ▲市内散策コーナートップへ
|TOPページ|吹屋の街並み|吹屋郷土館|吹屋資料館|広兼邸|広兼邸パノラマ写真|
|ベンガラ館|笹畝坑道|吹屋小学校|ラフォーレ吹屋|
国選定重要伝統的建造物群保存地区

標高550メートルの山嶺に塗込造りベンガラ格子の堂々たる町屋が建ち並んでいるのは、江戸時代から明治にかけて中国筋第一の銅山町に加えて江戸後期からベンガラという特産品の生産がかさなり、鉱工業地として大いに繁栄したからである。


幕末から明治にかけて吹屋はむしろ「弁柄町」として全国に知られていた。しかも吹屋街道の拠点として銅や中国山地で生産される砂鉄、薪炭、雑穀を集散する問屋も多く、備中北部から荷馬の行列が吹屋に続き、旅籠や飲食店の山間の市場町として吹屋は繁栄していた。

これらの銅や鉄、弁柄は吹屋から更に荷馬におわされて成羽に運ばれ、成羽から高瀬舟で玉島港に集まられ、そこから上方や西国に輸送された。江戸時代から成羽や玉島の繁栄は吹屋の鉱工業に負うところが大きいと言われている。

(出典:吹屋ふるさと村郷土館冊子)
当時の俗謡に

「吹屋良いとこ金吹く音が
 聞こえますぞえ 窓坂え
吹屋よいとこ金ほるところ
掘れば掘るほど金が出る」

というのがある。




  

 Copyright(C) 2001 備中高梁観光案内所