▲観光案内所トップページへ  ▲市内散策コーナートップへ
トップページ小堀遠州の政策と頼久寺小堀遠州と頼久寺の歴史変遷頼久寺写真集

小堀遠州の政策と頼久寺

小堀遠州

一六〇〇(慶長五)年の関ケ原の戦いで毛利氏は広大な領地を徳川氏によって没収され、毛利氏の勢力圏にあった備中国は徳川氏の直接支配地となった。そして、小堀正次(遠州の父)が備中国奉行として政治をおこない、松山城を守ることとなった。当時、臥牛山上の松山城は備中兵乱以来荒れるにまかされており、麓の御根小屋も戦火で焼けていたので、正次はやむなく城下の頼久寺を仮の住まいとした。

正次が松山城を守ったのは、松山城が備中の中心にあって戦略的にも重要な位置を占めていたからであり、西国の大名のおさえとしたのである。一六〇四(慶長九)年正次が死去し、子の政一が跡を継いで備中国奉行となった。政一は、一般に遠州と呼ばれた。遠州は武十としても立身出世を遂げたが、多芸多能な天才であり、いろいろな面で後世に名を残した。茶の湯に優れ、天下第一の茶匠の地位に上りつめ、武家茶人の筆頭に挙げられた。

その茶の湯は「きれいさび」と評さどうしはんぞうえんうではつされ、将軍家茶道師範の名を得て遠州流をおこした。建築や造園にも天才的な腕を発揮しており、今日でも私たちの目に触れることが出来る二条城二の丸や江戸城の庭等、数々の建築や庭園がある。



松山城と御根小屋の建設

備中国奉行として実権を握った遠州は、備中国だけでなく西国大名をおさえるためにも、荒廃していた松山城を再建した。小松山の中世の山城の遺構の上に近世の城を造ったのである。また、御根小屋跡に陣屋を建設し、頼久寺からこれに移っている。遠州の建設した陣屋は、小松山の山城に対して下屋敷と呼ばれていた。下屋敷には茶室を造り、庭園を作庭している。遠州の作った庭は現在も高梁高等学校の中に残されている。


備中の特産品づくり

遠州は、備中国の特産物を集めて上方に送ることに力を注いだ。とくに、彼が重視したのが紙と鉄であった。高梁川流域は古くから楮の産地で、これを原料とした各種の紙の生産がさかんであった。なかでも、広瀬の柳井氏の特産物である備中壇紙は全国的に知られていた。備中壇紙は鎌倉時代後期から生産されていたが、江戸時代になると幕府や朝廷の紙の御用をつとめる柳井家が生産を独占していた。備中壇紙は表面が美しく純白上質の和紙で、形の大小や紙質によって大高・中高・小高の三種類があった。

大高壇紙は紙質が最も厚く、朝廷や幕府の公用文書に用いられた。中高は大高と同じ大きさであるが、紙質がやや薄くて主に松山城で使用された。小高は大高の半分の人きさで紙質はさらに薄く、色紙や短冊用に使われていた。遠州は備中国奉行として柳井家を支配することにより、幕府・大名からの必要に応じて紙の生産・集荷を行う仕組みをつくりあげた。壇紙は、明治維新以後、原料の楮の調達が難しくなったうえに、特殊な紙のため需要が激減し生産されなくなった。備中は、古代から鉄の産地として有名であった。

「延喜式」にも、備中は鉄を生産する国と記されているほどである。遠州は、鉄を井高や松山に集めて高瀬舟で高梁川を下って河口まで運び、ここからは海船に積み込み上方に運搬したのである。また、遠州は備中国奉行のころ法曽焼を始めたとされ、現在新見市法曽に窯跡が伝えられいる。


国指定の名勝頼久寺庭園

遠州が備中国奉行のときつくったのが頼久寺庭園であり、国指定の「名勝」として知られている。頼久寺は鎌倉時代の一三二六(嘉歴元)年、中国の元から帰国した臨済宗の高僧、じやくしつえんおうぜんじかいざんあしかがたかうじこんりゆうあんこく寂室円応禅師が開山したと伝えられている。足利尊氏が諸国に命じて建立させた安国寺の一つである。一五〇九(永正六)年、この地を領した上野頼久が修築して寺が一新したので、その子頼氏が父の名を寺につけ頼久寺となった。

その後、備中兵乱で頼久寺は焼失し、毛利輝元が再建したのが現在の頼久寺である。頼久寺の庭園は、ここを仮の住まいとした小堀遠州が若いころ作庭したものである。つるかめぜんいんしきほうらいていえんあづちももやまこの庭は一般に鶴亀の庭と呼ばれている。禅院式蓬莱庭園であり、安土桃山時代から江戸初期にかけての典型的な書院式枯山水の庭園として知られている。あたごやましやつけいはもんはくさたいはるかに望む愛宕山を借景にし、庭一面に敷きつめた波紋のはき目のある臼砂は大海を、中央に石組みで鶴島、やや後に亀島を、そして書院から左手のサツキの大刈込みは大海の波を表現している。じひつせいさついひんさいねん頼久寺には遠州自筆の制札や遺品が保存されており、=二一二九(暦応二)年の西念勧進による石燈籠もある。

<出典:高梁歴史読本 高梁青年会議所発行>





  

 Copyright(C) 2001 備中高梁観光案内所